料理基本用語「分量」

Past Articles
none
05年03月20日15:17公開
適量ってどんだけやねん!って人は必見です
  • レシピを お気に入りに追加
●食材(1人分)
  • 料理基本用語「分量」
    ●作り方の手順
    • No.1
    そのひとによってちょうどいい分量という意味です。適量は「絶対必要なもの」に対して、適宜は「必ずしも必要なものではないもの」に対して使います。
    ■ 適宜(てきぎ)・適量
    • No.2
    食べられない部分を取り除いた実の部分のこと。例)ピーナッツ→正味100g でしたら、殻などを取り除いた食べられる部分の分量が100g ということです。
    ■ 正味
    • No.3
    分量がすごく少ないときに使われます。●ひとつまみ → 小さじ1/8 ●少々 → 小さじ1/10 ●ごく少々 → 小さじ1/12
    ■ ひとつまみ・少々・ごく少々
    • No.4
    これはどちらも同じことです。100ml = 100cc
    ■ミリリットルとcc
    • No.5
    ●ひたひたの水 = 材料の頭の部分が少しでる状態 ●たっぷりの水 = 材料が水にしっかりつかりまだまだ余裕があるくらい
    ■ ひたひたの水・たっぷりの水
    • No.6
    ●かぶるくらいの水 = 材料の頭がちょうどかぶるくらい
    ■かぶるくらいの水