フルーツ生ジュースの注意点

Past Articles
none
05年03月20日15:13公開
フルーツ生ジュースなら、吸収率が悪く熱に弱いビタミンなども、生ジュースにすることで吸収率や栄養素の破壊を気にすることなく、おいしく栄養摂取することができます。
フルーツ生ジュースは、ただフルーツを搾ればいいと言うわけではありません。いくつか注意点があるので参考にしてください。
  • レシピを お気に入りに追加
●食材(1人分)
  • フルーツ生ジュースの注意点
    ●作り方の手順
    • No.1
    ●鮮度がよく、無農薬のものを使う。フルーツ生ジュースというだけあって、生で口に入れるものですから、新鮮な材料を使いたいですね。
    • No.2
    ●生ジュースは作ってすぐ頂くのが基本となりますので、あらかじめ材料を冷蔵庫などで冷やしておけば、冷たくおいしいフルーツ生ジュースを頂くことができます。
    • No.3
    ●材料をあらかじめ適当な大きさに切っておいたり、種や皮などを取り除いておきましょう。準備ができたら、もたもたせず一気に作りましょう。
    • No.4
    ●白砂糖はビタミンB1・B2、カルシウムなどを消費するので、せっかく摂取した栄養素を無駄にしてしまう恐れがある。
    ●白砂糖はダメ
    • No.5
    甘みを足したいときは、はちみつや黒砂糖、オリゴ糖などを使うようにしましょう。
    ●白砂糖はダメ
    • No.6
    ●飲む分だけ作る。フルーツ生ジュースは日持ちしませんので、作ったら1時間以内に全部飲み干しましょう 。